ジョンズホプキンス大学School of Public HealthオンラインMPH日本プログラムの説明会を開催しました。

去る2017年3月25日(土)に、京都のザ・パレスサイドホテルにてジョンズホプキンス大学School of Public HealthオンラインMPH(Master of Public Health)日本プログラムの説明会を開催しました。

説明会では、ジョンズホプキンス大学公衆衛生学大学院のRobert Lawrence教授によるPopulation Healthに関する講演を始め、Marie Diener-West教授によるオンラインMPHプログラムの概要説明および日本事務局から日本プログラムの特色についての説明があり、参加者による活発な質疑応答も行われました。 <ジョンズホプキンス大学School of Public HealthオンラインMPH日本プログラムとは> 世界で最も権威と歴史のあるSchool of Public HealthであるJohns Hopkins Bloomberg School of Public Health(JHSPH)のOnline MPH Degree Courseを、スクーリングのための渡米をせずにおよそ3年間で修了できる国内唯一のプログラムです。 <講師>

Marie Diener-West, PhD Chair, Master of Public Health Program Helen Abbey and Margaret Merrell Professorship Professor, Biostatistics、Epidemiology Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health

Marie Diener-West, PhD Chair, Master of Public Health Program Helen Abbey and Margaret Merrell Professorship Professor, Biostatistics、Epidemiology Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health

Robert S. Lawrence, MD, MACP Founding Director, Center for a Livable Future Professor Emeritus, Environmental Health & Engineering Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health

Robert S. Lawrence, MD, MACP Founding Director, Center for a Livable Future Professor Emeritus, Environmental Health & Engineering Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health

<説明会の様子>


最新記事
アーカイブ