ジョンズホプキンス大学 School of Public Health オンライン MPH 日本プログラムの講演会&説明会を、2019年3月23日(土)に京都で開催します。

ジョンズホプキンス大学 School of Public Health オンラインMPH 日本プログラム講演会&説明会

【日時】2019年3月23日(土)13:30~15:30 【会場】京都市「ザ・パレスサイドホテル 2階宴会場 グランデ」     地下鉄 烏丸線 丸太町駅下車 2番出口から徒歩約3分

【プログラム】

・Robert Lawrence教授(前 JHSPH Associate Dean)「Why is public health so important?」 ・Thomas Inui教授(前 Harvard大学、JHSPH卒業生)「Turning Educational and Clinical Experience into Scholarship」 ・福原俊一教授(京都大学)「臨床研究の魅力」 ・Marie Diener-West教授(JHSPH MPHプログラムチェア)「Why choose the Johns Hopkins MPH?」

*プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。

【定員】70名

*お申し込み多数のため、再度、定員を増加しました。定員になりしだい締め切ります。 【参加費】無料

【申込期間】2019年3月19日(火)まで 【お申し込み】以下のお申し込みフォームにアクセスしてください。 https://goo.gl/forms/PFzNbmoBXhAKTXFk2

<ジョンズホプキンス大学 School of Public Health オンラインMPH 日本プログラムとは> School of Public Healthとして世界で最も権威と歴史のある Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health(JHSPH)の Online MPH(Master of Public Health)Degree Course を渡米せずに日本で働きながら、およそ3年間で修了できる国内唯一のプログラムです。 日本プログラムでは、対面式授業であるスクーリングが毎年、京都で約1週間、行われます。

Robert S. Lawrence, MD, MACP Founding Director, Center for a Livable Future Professor Emeritus, Environmental Health & Engineering

Thomas S. Inui, ScM, MD, MACP Associate Faculty, Department of Health Policy and Management

Marie Diener-West, PhD Chair, Master of Public Health Program Helen Abbey and Margaret Merrell Professorship Professor


最新記事
アーカイブ

認定NPO法人 健康医療評価研究機構

ジョンズホプキンス大学 School of Public Health MPH 日本プログラム事務局

〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階  

Copyright © Johns Hopkins University. All Rights Reserved.