JHSPHオンラインMPH出願要件の英語能力検定が免除される特別学習プログラムSSPJの「疫学コース」は、10月31日(水)お申し込み締め切りです。

2018/10/01

世界最高峰のMaster of Public Health(MPH)を日本で働きながら約3年間で取得できる「ジョンズホプキンス大学 School of Public Health(JHSPH)オンラインMPH 日本プログラム」。

 

出願要件のひとつである英語能力検定TOEFLスコア100以上もしくはIELTSスコア7以上は、出願前に行われる特別学習プログラムSpecial Study Program for Japan(SSPJ)の受講成績と英語面接の合格により免除されます。

 

第5期生(2020年3月MPH入学)のSSPJ「疫学コース」(1月~5月開講)の申込期限は2018年10月31日(水)です。

 

*SSPJは「疫学コース」(1月~5月開講)と「統計コース」(9月~12月開講)から選択いただけます。

 

▶ 特別学習プログラムSSPJの詳細

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

認定NPO法人 健康医療評価研究機構

ジョンズホプキンス大学 School of Public Health MPH 日本プログラム事務局

〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階  

Copyright © Johns Hopkins University. All Rights Reserved.