ジョンズホプキンス大学 School of Public Health 公開シンポジウム 「臨床研究と Public Health」を、2020年3月22日(日)に東京で開催します。

2019/10/01

 ジョンズホプキンス大学 School of Public Health 公開シンポジウム

「臨床研究と Public Health」

 

(同時開催)JHSPH MPH 日本プログラム説明会
認定 NPO 法人 健康医療評価研究機構 共催

 

*ジョンズホプキンス大学 School of Public Health 公開シンポジウム「臨床研究と Public Health」のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。

 

ジョンズホプキンス大学 School of Public Health(JHSPH)と京都大学の教授陣が、Public Health の今日的意義、臨床医が Public Health を学ぶ意義、研究者になるための道のり、などについて講演し、パネル討論を行います。
併せて、2016年より開講しております JHSPH MPH 日本プログラムの説明会を、2020年3月22日(日)に東京で開催します。

 

 【日時】2020年3月22日(日)13:00~16:30
【会場】東京都「日本橋ライフサイエンスビルディング 201大会議室」
    地図▶ https://goo.gl/iDqqpw
【プログラム】
<第一部/公開シンポジウム>
・「今、なぜ Public Health は重要か?」

  Robert S. Lawrence(JHSPH 教授/元 副Dean)

・「一臨床医から臨床研究者への道」

  耒田 善彦(Harvard 大学 研究フェロー/JHSPH 卒業生)

・「どうやったら独立した臨床研究者になれるか?」

  福原 俊一(京都大学 教授/福島医大 副学長)
--- 休憩 --- 

<第二部/JHSPH MPH 日本プログラム紹介>
・「JHSPH Dean からのメッセージ」

  Ellen J. Mackenzie(JHSPH Dean)

・「MPH 日本プログラムの紹介」

  Marie Diener-West

 (JHSPH 教授/MPH プログラム チェア)

・「一臨床医から MPH までの道」

  橋本 忠幸

 (橋本市民病院/JHSPH 日本プログラム 1期生)

・「SSPJ、MPHの申し込み方法」

  日本プログラム事務局

・「臨床医への奨学金制度の紹介」

  橋本、白河、高知県 臨床研究フェローシップ担当者
*プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。
【参加費】3,000円(税込)

*事前登録制。定員になりしだい締め切ります。
【お申し込み】以下のお申し込みページにアクセスしてください。

  https://jhsph2020.peatix.com/
【お問い合わせ】認定 NPO 法人 健康医療評価研究機構[iHope International]
        ジョンズホプキンス大学 School of Public Health
        MPH 日本プログラム 事務局
        eメール jhope@i-hope.jp

 

<ジョンズホプキンス大学 School of Public Health MPH 日本プログラムとは>
School of Public Health として世界で最も権威と歴史のある Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health(JHSPH)の MPH(Master of Public Health)を渡米せずに日本で働きながら、およそ3年間で修了できる国内唯一のプログラムです。
出願要件である英語能力検定の取得などが免除される日本独自の準備プログラム『Special Study Program for Japan(SSPJ)』も提供しています。
日本プログラムでは、対面式授業である Kyoto Spring Institute(KSI)が毎年、京都で約1週間、行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Robert S. Lawrence, MD, MACP
Founding Director, Center for a Livable Future
Professor Emeritus, Environmental Health & Engineering

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Michael J. Klag, MD
Dean Emeritus
Second Century Distinguished Professor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Marie Diener-West, PhD
Chair, Master of Public Health Program
Helen Abbey and Margaret Merrell Professor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tadayuki Hashimoto, MD MPH
Hashimoto Municipal Hospital

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Shunichi Fukuhara, MD, MACP
Dean Emeritus and Professor, Kyoto University School of Public Health
Vice President, Fukushima Medical University

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

認定NPO法人 健康医療評価研究機構

ジョンズホプキンス大学 School of Public Health MPH 日本プログラム事務局

〒162-0833 東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル2階  

Copyright © Johns Hopkins University. All Rights Reserved.