2023年度入学生の特別学習プログラム SSPJ の受付は、疫学2科目受講が2021年10月31日、疫学1科目と統計学1科目受講が2022年4月30日、統計学2科目受講が2022年7月31日締切です。


ジョンズホプキンス大学のMPHを日本で働きながら取得


世界最古にして最大規模の School of Public Health である Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health(JHSPH)の学位 Master of Public Health(MPH)を、日本で働きながら3年間で取得することができる「ジョンズホプキンス大学 School of Public Health MPH 日本プログラム」は、現在、第8期生(2023年3月入学)を募集しています。

 2016年に第1期生が誕生して以来、これまでに50名以上の日本人学生が入学し、切磋琢磨しながら励んでいます。日本にいながら世界最高水準の学びを得られるこのプログラム。留学してみたいが、なかなかチャンスが得られなかった方は、ぜひご検討ください。


本プログラムには、2つの大きな特徴があります。

【1】Kyoto Spring Institute(KSI)

毎年3月に5日間、京都で開催するオンサイトプログラムのKSIを提供しています。KSIでは、オンライン学習では得られないJHSPH教授陣からの対面指導による深い学びや、教授と大学院生間の強固なネットワークが得られます。

 KSIの科目には、JHSPH教授陣による統計解析実習に加え、全学生に必修となる修士課題研究(Capstone project)の対策として、京都大学の教員らによる研究デザイン演習やプレゼンテーションの科目も含まれます。

 もちろん、KSIで取得した単位(毎年4単位)は、卒業に必要な単位の一部として正式に認められます。本プログラムの受講者は、KSIを最低3回受講することを学位取得の必須要件としています。


【2】Special Study Program for Japan(SSPJ)

出願に際して、事前にJHSPHの授業の一部を履修するSSPJにおいて優れた成績を収め、JHSPHのMPHプログラムディレクターとの英語面接に合格することで、出願要件として求められる英語能力の証明(TOEFL iBT スコア100以上もしくは IELTS スコア7以上)に置き換えることができます。

 SSPJには疫学と統計学に関するコースが2科目ずつあり、出願資格を得るためにはこの4科目のうち2科目を受講する必要があります。これから第8期生としての入学を目指すためには、3パターンのSSPJの受講方法があります。疫学コース2科目(2~5月)を受講する場合の申し込み期限は2021年10月31日、疫学コース1科目と統計学コース1科目(6~7月、9~10月)を受講する場合の申し込み期限は2022年4月30日、統計学コース2科目(9~12月)を受講する場合の申し込み期限は2022年7月31日となっています。

 SSPJの科目と開講時期については変更される可能性もありますので、最新の情報はホームページを確認してください。


【お問い合わせ】

認定NPO法人 健康医療評価研究機構[iHope International]

ジョンズホプキンス大学 School of Public Health

MPH 日本プログラム 事務局

ホームページ https://www.jhsph.jp/

eメール jhope@i-hope.jp


最新記事
アーカイブ