ジョンズホプキンス大学School of Public Healthのウェブマガジン2017年春号に、ジョンズホプキンス大学School of Public HealthオンラインMPH日本プログラム


ジョンズホプキンス大学School of Public Health(Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health:JHSPH)のウェブマガジン2017年春号に、JHSPHと認定NPO法人 健康医療評価研究機構とが共同提供するジョンズホプキンス大学School of Public HealthオンラインMPH(Master of Public Health)日本プログラムが紹介されました。 記事には、この日本プログラムは京都大学の福原俊一先生が主導し、京都に拠点を置く研究機関である認定NPO法人 健康医療評価研究機構との新しいパートナーシップによって生まれたこと、災害医療から精神衛生、人口の高齢化まで幅広い関心をもつ1期生が2016年3月に入学し、JHSPHの教官によるMPHのオリエンテーションと「Public Healthにおける課題解決」の科目履修をしたこと、そして、同程度の数の2期生が今年3月に同じ科目を履修し、1期生はデータ分析ワークショップを受けることが書かれています。 ジョンズホプキンス大学School of Public Health MPHプログラムチェアのマリーダイナーウェスト教授は、この日本プログラムにより、忙しい日本の医療従事者がスクーリングに渡米することなくジョンズホプキンス大学School of Public HealthのMPH学位を取得できる機会になったと評価しています。

▶ JHSPHウェブマガジンの記事


最新記事
アーカイブ